お笑い

【アイデンティティ三浦】ツッコミで相方の田島やDB芸人を支える「縁の下の力持ち」【お笑いコンビ】

スポンサーリンク
【アイデンティティ三浦】ツッコミで相方の田島やDB芸人を支える「縁の下の力持ち」【お笑いコンビ】お笑い

みなさんは、DB芸人で数少ないツッコミ役を演じる「アイデンティティ三浦」に注目したことはありますか?

例えば、DB芸人の「R藤本」や(相方の)「アイデンティティ田島」はDB芸人のリーダー的存在といっても差し支えないかと思います。


しかし、DB芸というドラゴンボールネタにちなんだボケが起きやすい状況のなかで、的確な鋭いツッコミを行うことで、DB芸人の空間にバランスを与えている人物がいます。

それが、アイデンティティの見浦彰彦(みうら・あきひこ)です。

アイデンティティ三浦は進行役に回り、それに立ち位置的には(DB芸人のなかでは)数少ないツッコミ役となることが多いです。

しかし、DB芸人というビジュアルからすでに濃い面々のなかではそこまで目立っていないという印象があります。
これは、三浦が素の状態で出演することが多いためです。

ただ、実際には、「相方であるアイデンティティの田島直弥(たじま・なおや)のみならずDB芸人全体を陰ながら支える重要人物」だと言えます。

本記事ではそうしたアイデンティティ三浦に焦点をあてて紹介していきます。

スポンサーリンク
ヨネダ

「おもしろ日和」筆者。注目の作品や商品を独自の視点で感想・レビュー。エンタメ・ショッピング・ポイ活をメインに情報発信。

本ブログをフォローする
【随時更新】厳選まとめ記事
記事│エンタメのお役立ち情報まとめ
サブスクや便利グッズなどまとめて紹介。
記事│ショッピングのお得情報まとめ
セール・キャンペーン情報などまとめて紹介。
記事│ポイ活のお得情報まとめ
今すぐにでも始めたくなるお得なポイ活を分かりやすく紹介。

【人物紹介】「アイデンティティ三浦」ってどういう人?

改めて紹介します。

アイデンティティ」はお笑い芸人の田島直弥(たじま・なおや)見浦彰彦(みうら・あきひこ)からなるコンビです(以後、それぞれ「アイデンティティ田島」、「アイデンティティ三浦」)。

アイデンティティはいわゆる「DB芸人」(ディービーげいにん)と呼ばれる集団に属しています。
DBという名称は、マンガやアニメで世界的に有名な「ドラゴンボール」(Dragon Ball)の頭文字から来ています。

なぜアイデンティティがそんなDB芸人かと言うと、これはアイデンティティ田島が、ドラゴンボールの主人公「孫悟空」(そん・ごくう)の声優の「野沢雅子」(のざわ・まさこ)のモノマネをしているところが大きいでしょう。

あくまでキャラの中の人の野沢雅子のモノマネであって、孫悟空や同じ声優が務める「孫悟飯」(そん・ごはん)のモノマネではないというところがツボです。

格好は野沢雅子なので、野沢雅子のあの特徴的な赤髪をしています。

とはいえ、実際に言動は基本的に孫悟空のモノマネなので、「結局、孫悟空かい!」とツッコミを入れたくなるのはお約束。

このようにDB芸人としてアイデンティティを見た場合、コスプレしているという点でアイデンティティ田島の存在が強く印象に残ります。

とはいえ、アイデンティティ三浦も実はDBキャラのモノマネとコスプレをするときがあります。
そのDBキャラとは「人造人間17号」です。

人造人間17号はクール系のキャラなので、ガンガンツッコミを入れていくアイデンティティ三浦の通常のスタイルとは真逆で、そのギャップが個人的にはツボです。

このように、アイデンティティ三浦はDBキャラのモノマネをすることは確かにあります。

しかし、基本的には素の状態でテレビ番組などに出演することが多いです。

そして素の状態でアイデンティティ田島やその他DB芸人のツッコミ役に徹するわけです。

このツッコミがとんでもなくスゴイんです。

スポンサーリンク

アイデンティティ三浦のツッコミのスゴイところ

それでは、アイデンティティ三浦のツッコミのどこがスゴイのでしょうか?

ここからはそんなツッコミの魅力について迫っていきます。

的確な鋭いツッコミでDB芸人の空間にバランスを与える

アイデンティティ三浦のツッコミがスゴイのは、「的確な鋭いツッコミでDB芸人の空間にバランスを与える」という点です。

「いやいや、ツッコミ役なんだから良いタイミングでツッコミを入れるのは当たり前じゃないか」と思う方もいるかもしれません。

しかし、アイデンティティ三浦がツッコミを入れる状況はちょっと普通とは違います。
というのも、DB芸人がひしめく状況だからです。

これは「とちぎテレビ」にて放送中(2022年5月11日時点)のテレビ番組「まろに☆え~るTV-超(スーパー)」を見ると分かりやすいです。

DB芸人は、その名前のとおり基本的にDBキャラのモノマネをします。
これはテレビ番組上でも同様です。

そして、キャラになりきる性質上、ボケに偏りがちです。

というより、モノマネの上でツッコミをしたところでボケとしか受け取られないということも十分考えられます。

こうしたボケのあふれる状況の中で、サクサクとツッコミを入れていくのがアイデンティティ三浦です。
ボケをツッコミで切り返し続ける。これがアイデンティティ三浦のツッコミの魅力です。

では、どのようなツッコミを入れていくのでしょうか?

続いて見ていきましょう。

DBの深い知識でDB芸人の細かいボケをしっかりすくい取る

DB芸人は基本的にDBネタ、つまりドラゴンボールのストーリー中に出てくるセリフなどを漫才や番組の中で使うことでボケていきます。

そうしたボケにツッコミを入れるとなると、ツッコミ役もDBネタを理解しておく必要があります。

漫才のように何を言うかあらかじめ十分に打ち合わせできる形式のお笑いでは、何とかやり抜くことはできるでしょう。

他方で、テレビ番組のように長尺に及ぶ場合は、生半可な知識では到底太刀打ちできるものではありません。
もちろん、短く切った尺を自然なように繋げて長尺にしたり、台本をしっかりと読み込み、しかも自然な風にしゃべるというのはテレビの編集の方やDB芸人自身の腕の見せ所ではありますけどね。

しかし、漫才はもちろんのこと、そうしたツッコミを入れ続けるのが難しいテレビ番組のなかでもしっかりツッコミ続けられるのがアイデンティティ三浦です。

これは、アイデンティティ三浦も、モノマネは基本的にしないとはいえ、相当深いDB知識があることを表しています。

あらゆる方面のDBネタに対応しないといけない以上、一人のキャラをモノマネする以上のDB知識が必要だとさえ言えます。

そして、実際にDB知識を駆使して淀みなくツッコミを入れてるんですから、アイデンティティ三浦はスゴイ。

ツッコミによる説明でDB初心者でもスムーズに理解して笑える

こうした深いDB知識に基づくツッコミには利点というか、副産物があります。
それは、「ドラゴンボール初心者でもスムーズに理解して笑える」ということです。

DB芸人はドラゴンボールの内容に利用してボケるわけですが、あらかじめ十分に説明するわけではありません(説明してしまうとボケではなくなりますね)。

そんなボケに「いや、〇〇かい!」とツッコミが入れられることで、視聴者としては「ああ、これはそういうボケなのね」と理解できます
そしてボケを理解できることで笑いに繋がります。

もちろん、元ネタを知っていたほうがより楽しめるでしょうし、それがモノマネの醍醐味ではあります。

しかし、視聴者の全員が全員すべてを知っているというわけにはいかないのが実情でしょう。

そうした中でアイデンティティ三浦の鋭いツッコミは、より多くの人がDB芸人のネタに触れて楽しむことに貢献しているというわけです。

【おわりに】アイデンティティ三浦のツッコミに今日もシビれる

本記事では「アイデンティティ三浦のツッコミ」に焦点を当てました。

アイデンティティ三浦は、素の状態で登場することが多いものの、「縁の下の力持ち」的なツッコミをすることでDB芸人の独特な空間を一層面白くしています。

これからもDB芸人に目が離せません。

【関連記事】「DB芸人」に関する記事をもっと読む

DB芸人に関する記事をもっと読みたい方はこちらもどうぞ。

DB芸人
「DB芸人」の記事一覧です。
【案内】お笑い好きにオススメ

「お笑いが好き!」そんな方にはこれがオススメ
Amazon Prime Video月額500円(税込)で見放題
月額500円(税込)で、ダウンタウン松本が考案の『ドキュメンタル』や、お笑い番組などの動画が見放題。買い物にも重宝する至れり尽くせりな万能型サービス。30日間の無料体験つき。ちなみに、月額407円(税込)の有料チャンネル大阪チャンネルセレクト」なら更にお笑い番組を楽しむことができます(14日間の無料体験つき)。「大阪チャンネルセレクト」の解説記事はこちら
U-NEXT月額2,189円(税込)で見放題+1,200円分のポイント
月額2,189円(税込)でお笑い番組はもちろんのこと、書籍まで楽しめるエンタメ総合型サブスク。毎月1,200円分のポイントも。31日間の無料体験つき。(本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)
Hulu月額1,026円(税込)で見放題
月額1,026円(税込)で100,000本以上の映画・ ドラマ ・ アニメ ・ バラエティが見放題。Huluオリジナルのコンテンツも充実。2週間の無料体験つき。

記事│【サブスク・VOD】気になる作品が見放題
「サブスク」は「動画配信サービス」(VOD)の1つで、サブスクなら動画が見放題。無料のお試し期間がある場合も多め。オススメのサイトも紹介。
記事│【DVD宅配レンタルサービス】ネットからDVDがレンタルできる
「DVD宅配レンタルサービス」なら、ネットでレンタルしたいDVDを決めて自宅まで配達してもらえます。無料のお試し期間がある場合も多め。オススメのサイトも紹介。
記事│【音声を聴くなら…】ワイヤレスイヤホンのススメ
なにかと便利な「ワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)」の入門記事。利点だけでなく注意点もしっかり解説。

(2022年11月20日時点)
【随時更新】厳選まとめ記事
記事│エンタメのお役立ち情報まとめ
サブスクや便利グッズなどまとめて紹介。
記事│ショッピングのお得情報まとめ
セール・キャンペーン情報などまとめて紹介。
記事│ポイ活のお得情報まとめ
今すぐにでも始めたくなるお得なポイ活を分かりやすく紹介。
ヨネダ

「おもしろ日和」筆者。注目の作品や商品を独自の視点で感想・レビュー。エンタメ・ショッピング・ポイ活をメインに情報発信。

本ブログをフォローする
みんなにシェアする
おもしろ日和