ショッピング関連グッズとサービス

【まとめ】ポイ活とは?初心者にオススメの簡単なポイ活も紹介【デメリットはあるの?】

スポンサーリンク
ショッピング関連

「ポイ活」とは「ポイント活動」の略で、ポイントを貯めたり使ったりすることです。

ポイ活にはたくさんの種類があり、つい戸惑ってしまいがち。

本記事ではポイ活を分かりやすく分類して解説します。
オススメのポイ活についても併せて紹介。

本記事の内容をかんたんに
  • オススメのポイ活を2つに分けて詳しく紹介
  • ポイ活のメリットとデメリット
スポンサーリンク
ヨネダ

「おもしろ日和」筆者。注目の作品や商品を独自の視点で感想・レビュー。エンタメ・ショッピング・ポイ活をメインに情報発信。

本ブログをフォローする

ポイ活の方法は主に2つ

ポイ活は次の2つに分けることができます。

  • ショッピングでポイ活
    ①どこで買うか ②どのように支払うか ③何のポイントを貯めるか
  • ショッピング以外でポイ活

本記事ではこの「ショッピングでポイ活」と「ショッピング以外でポイ活」の2つに分けて解説します。

スポンサーリンク

ショッピングでポイ活

「ショッピングでポイ活」は、①どこで買うか、②どのように支払うか、③何のポイントを貯めるか、という3つに分けられます。

①どこで買うか【ポイントを貯めやすいショッピングサイトを利用する】

ショッピングでポイ活するときに大切なことは、「自分が一番貯めやすいポイントを貯められるショッピングサイトを利用する」ということです。

おすすめのショッピングサイトはこちら。

ズバリ、Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングです。

Amazonポイント」が貯まるAmazon
圧倒的な品揃えを誇るAmazon(アマゾン)。
有料の「Amazon Prime」(アマゾンプライム)に加入すれば、より快適に買い物できるだけでなく、さまざまな映画やアニメ、テレビ番組を楽しめるPrime Video(プライムビデオ)、音楽やポッドキャストを楽しめるAmazon Music Prime(アマゾンミュージックプライム)、書籍・マンガ・雑誌などが読めるPrime Reading(プライムリーディング)など様々なサービスを利用できるようになります。
Amazon Primeはいわゆる「サブスク」にあたります。
「何か1つサブスクに入るなら何?」と聞かれたら、僕は真っ先にこのAmazon Primeをオススメします
「Amazon Prime」を30日間無料で体験する

楽天ポイント」が貯まる楽天市場
楽天市場も大人気のショッピングサイトです。
特に「楽天ポイント」は貯まりやすいことで有名ですね。
僕はAmazon Primeに加入している関係からAmazonをよく利用していますが、楽天ポイントが貯まった時に楽天市場を利用しています。
商品の値段的にはAmazonとそこまで変わらない印象なので、どちらのサイトを利用するかは好みの問題です。

「PayPayポイント」が貯まるYahoo!ショッピング
Yahoo!ショッピングはAmazonや楽天市場と比べるとそこまで有名ではないかもしれません。
が、QRコード決済で知られるPayPayのポイントを貯めることのできるショッピングサイトです。
なので、PayPayを積極的に利用している方にオススメのサイトです。

「ネットショッピング」の初心者向けの解説記事はこちら。

②どのように支払うか【支払う手段を決めておく】

ショッピングでポイ活するときは、「支払う手段を決めておくこと」も大切です。
「ショッピングするサイトや店舗が対応している支払い方法に応じて使い分けよう」ということです。

おすすめの支払い方法はこちら。

クレジットカード・QRコード決済・デビットカードのいずれか

クレジットカード
クレカを利用した支払いは定番中の定番。
さまざまな種類があり、どれを選ぶべきか悩んでしまいますが、大切なのは年会費永年無料であること、ポイント還元率が高いことです。
クレカと後ほど紹介する「デビットカード」は「QRコード決済」とは異なり海外でも利用可能なのは大きなメリット。

QRコード決済
QRコード決済とは、スマホアプリを利用して支払うことのできるサービスです。
「PayPay」(ペイペイ)はその1つ。
PayPayで支払うことで「PayPayポイント」を貯めることができます。
PayPayポイントはYahoo!ショッピングでの買い物でも獲得できるため貯めやすいです。
iOS版「PayPay」アプリをダウンロードする
Android版「PayPay」アプリをダウンロードする

デビットカード
デビットカードはもしかするとあまり有名ではないかもしれません。
簡単に言うと、「即時引き落としされるカード」です。
クレカと違い、「即時」に銀行口座から引き落としされるので使いすぎる心配がありません。
ポイント還元率については、クレカに比べると控えめなものが多いですが、クレカよりも金銭管理しやすいという点で注目の決済方法です。

本記事執筆者がよく使っている支払方法
個人的には「クレカ」をメインに使っています。
VISA、Mastercard、JCBなどの国際ブランドなら、大抵の店舗やネットでのショッピングで利用できるのがやはり便利。
ポイント還元率が比較的高めなのもポイ活という観点からオススメ。

ショッピングでポイ活③│何のポイントを貯めるか

ショッピングでポイ活する際は、「何のポイントを貯めるか絞っておくこと」も大切です。

複数のポイントプログラムを重ねて利用する「二重取り」、「三重取り」も積極的に狙っていきましょう。

あらゆるショッピングサイトや実店舗でのポイントプログラムに対応するため、代表的なポイントプログラムのポイントカードやアカウントなどをあらかじめ作成しておくようにしましょう。

おすすめのポイントプログラムは次のとおり。

Amazonポイント
Amazonで買い物をすると貯まるポイント。
特に、Amazonプライムに加入していると、Amazonでの買い物がかなり快適になるので自然と貯まりやすいです。
「Amazon Prime」を30日間無料で体験する

楽天ポイント
楽天市場をよく利用したり、楽天関連のサービスを多く利用している場合はかなり貯まりやすいです。
楽天ポイントが貯まる実店舗が多いため、ポイ活をするとなると意識的に集めていきたいポイントです。

dポイント
ドコモが行っているポイントプログラム。
とはいえ、ドコモ以外の場所でも貯められる場所は多く、個人的には楽天ポイントの次に貯める機会の多いポイントです。

PayPayポイント
QRコード決済で知られる「PayPay」を利用することで貯まるポイント。
Yahoo!ショッピングを利用することでも貯まります。

Tポイント(Vポイント)
Tポイントはカルチュア・コンビニエンス・クラブによるポイントプログラムで、TSUTAYAやファミリーマートなどで貯めることのできます。
他方、VポイントはSMBCグループによるポイントプログラムで、三井住友カードを使うことで貯めることのできるポイントです。
が、現在(2022年11月3日時点)、このTポイントとVポイントの統合が準備とのことで、今後の動向に要注目のポイントプログラムとなっています。
「Tポイント」と「Vポイント」統合 新ポイントサービス開始へ – Impress Watch

ショッピング以外でポイ活

「ショッピング以外でポイ活」する方法ももちろんあります。

本記事では様々な種類のポイ活を紹介します。

自分に合ったスタイルのポイ活を見つけて是非トライしてみてください。

検索エンジン「Microsoft Bing」とブラウザ「Brave」でネット検索でポイ活

検索エンジン「Microsoft Bing」とブラウザ「Brave」を組み合わせると、普段のネット検索がポイ活に変わります。

検索エンジン「Microsoft Bing」で検索する

Windowsを開発しているMicrosoft(マイクロソフト)の検索エンジンが「Microsoft Bing」です

Bingにログインした状態で検索するだけで「Microsoft Rewards ポイント」と呼ばれるポイントを獲得することができる「Microsoft Rewards」(マイクロソフトリワード)という制度があります。

そして一定ポイントを集めることで「Amazonギフト券」などと交換することができます

普段の検索をBingで行うだけで貯まっていくお手軽さが最大のメリットです。

「Microsoft Bing」にアクセスする

検索するだけでポイントが貯まる「Microsoft Rewards」の詳しい解説記事はこちら。

ブラウザ「Brave」を使う

Brave」は広告をブロックできるブラウザです

しかし、Brave独自の広告の配信をあえて許可することで、仮想通貨「BAT」を獲得することができます。
仮想通貨であって厳密にはポイントではありませんが、日本円に換金ができます。

Braveを使って広告を見るだけで自然とBATが貯まっていくのでラクです。

ブラウザにBraveを使いつつ、先ほど紹介した検索エンジン「Microsoft Bing」で検索する、というふうに組み合わせるのがオススメ。

広告ブロックができる上に仮想通貨が貯められるブラウザ「Brave」の詳しい解説記事はこちら。

「ハピタス」を経由してポイントを稼ぐ

「ハピタス」は、業界最高水準の「ポイント還元率」が魅力のポイ活サービスです。

300円から換金可能(1ポイント=1円)で、ポイントの有効期限が無いので気軽に取り組むことができます。

「ハピタス」をチェックする
ハピタス

「マクロミル」でアンケートに答えてポイントを稼ぐ

「マクロミル」は、120万人以上が利用する国内No.1のアンケートモニターサイトです。

アンケートに答えるだけでお小遣いが貯められます。

業界No.1のアンケート数とのことでポイントが貯めやすいのが特徴です。

「マクロミル」をチェックする
マクロミル

ポイ活のメリットとデメリット

ポイ活のメリットとデメリットについて解説します。

ポイ活のメリット

まず、ポイ活のメリットについて挙げていきます。

普段の買い物がちょっぴりお得に

ポイ活をする最大の目的でもありますが、やはりポイ活のメリットは「普段の買い物がちょっぴりお得になる」ということです。

ポイ活をせずに買い物をした場合、額面通りの金額を支払う必要があります。

その一方で、ポイ活をすれば、ポイントという形で自分の元にいくらか還ってきます。
つまり、買い物をすればするほどポイ活の恩恵を受けられる、ということになります。

なので、ポイ活について意識し始めたときがまさに始めどきだと言えます。

一度習慣化してしまえば意外とラク

ポイ活、ポイント活動と聞くと、「何か追加でしないといけなさそうで面倒…」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば、クレカ(クレジットカード)を利用したポイ活なら、普段の買い物をクレカで支払うだけで達成できます。

クレカで支払うことを習慣化してしまえば大丈夫です。

こう考えると、ポイ活は結構気楽にできます

ポイ活のデメリット

とはいえ、ポイ活はメリットばかりではありません。

残念ながらデメリットもあります。
それは、「ポイ活をするには準備が必要」だということです。

先ほどのクレカの例で考えてみましょう。

普段カードを使っていない人がポイ活のためにカード払いをする場合、新しくカードを用意する必要があります。

確かに、作ってしまえばそのカードを使って日常の買い物をすれば大丈夫です。

が、その前にカードを作る作業は欠かせません。

クレカの作成を含め、ポイ活をするための準備は基本的にインターネット上で完結することが多いです

家にいながら準備できるため楽と言えば楽ですが、インターネット上でのやりとりが得意ではない方にとっては少々苦労するポイントです。

しかし、そこを乗り越えさえすればあとは楽なので、ほんの少しだけ気合を入れて乗り越えていきたいところです。

【おわりに】ポイ活でちょっぴりオトクな生活を

ポイ活をすることでちょっぴりオトクに生活することができます。

この機会にぜひポイ活を本格的に始めてみてはどうでしょうか?